デンマーク・デザイン展

今、群馬県立館林美術館では、デンマーク・デザイン展が開催されています。

 

デンマークといえば椅子!と思ってしまうのは私だけでしょうか?

ともかく、名作チェア好きとしては行ってみるしかないのです。

 

美術館の静かな空間に置かれた存在感のある椅子、部屋に入ると「はっ」とします。

家具やさんで見たことあるデザインもいくつもありましたが、特に木製のものは時間の経過が感じられてとてもよかったです。

最後には椅子に座れるコーナーもありました。

もちろん椅子以外の展示もたくさん。

たまには美術館で芸術鑑賞もいいですね。

 

そして、こんな椅子が家に一脚でもあったら家のインテリアも引き締まるのではないかなと思います。